出産のお祝いを送るコツ|可愛い赤ちゃんの為に贈る出産祝い|喜んでもらえるものを選ぼう

可愛い赤ちゃんの為に贈る出産祝い|喜んでもらえるものを選ぼう

出産のお祝いを送るコツ

女性たち

マナーを確認しましょう

出産祝いのプレゼントを贈るのは、産後1ヶ月以内までが目安です。ただし、出産したことを知ったのが産後の場合でしたら、もう少し遅くても構いません。郵送で送る場合は、産後1ヶ月以内に行いましょう。直接手渡ししたい場合は、ごく近しい間柄を除いては、産後すぐはあまりおすすめ出来ません。産後すぐは体調が戻りきらないことも多い為、少し落ち着いてから相手の都合を聞いて訪問するようにしましょう。出産祝いの金額の目安は、自分の子供なら3〜5万円、兄弟姉妹なら1〜3万円、従兄弟なら5000〜1万円くらいが相場です。友人なら5000〜1万円、会社の同僚なら3000〜5000円くらいが相場です。相手との関係性が近ければ、少し奮発しましょう。

贈って喜ばれるものは

出産祝いのプレゼントで贈られて嬉しいものは、1人目のお子さんか2人目以降か、によっても違います。また、2人目以降の場合、1人目と同姓か別姓かでも違ってきます。相手と親しい場合で気軽に尋ねられるなら、欲しいものを尋ねてみるのも1つの手です。同じものがいくつもかぶって届くと困る場合もありますので、聞けない場合は、数があっても困らないものにしましょう。出産祝いのプレゼントは、生まれた赤ちゃんに対してのプレゼントですが、出産を終えたお母さんへのプレゼントとして考えて、お母さんの好きなものを贈るというのもおしゃれです。また、上に兄弟姉妹がいる場合は、赤ちゃんへのプレゼントではなく、上の子も一緒に遊べるようなおもちゃなどを贈っても喜ばれます。